役立ち情報

藤原聡(ヒゲダン)は歌下手になった?声質変化についても調査!

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

Official髭男dismのボーカルを務める藤原聡さんは日本でも有数の歌が上手い歌手としてしられています。

そんな、藤原聡さんですが最近歌が下手になったのでは?との声があります。

高音が厳しく難しい歌が多いヒゲダンですので、喉を痛めるなどの理由があるかもしれませんが声質が変わったとの意見もあるようです。

今回は、「藤原聡(ヒゲダン)は歌下手になった?声質変化についても調査!」と題してお送りします。

 

藤原聡(ヒゲダン)は歌下手になったと言われる理由は?

藤原さんの歌が下手になったと言われる理由は大きく分けて3つあるようです。

それぞれを詳しくご紹介します。

 

①喉の不調のため

藤原聡さんが歌が下手になったと言われる理由の一つに喉の不調が考えられます。

歌番組でも喉の不調からか高音が以前より出ていないように感じることが増えました。

そのため、歌番組で聴いていた視聴者が下手になったと感じたのではないでしょうか。

 

②年末の歌番組出演が多いため

ヒゲダンは人気アーティストなので、年末になると多くの歌番組に出演します。

生歌を披露する機会が多くなり、声の調子が悪くなった可能性もあります。

 

③音響トラブルなどによる影響の可能性も

ご自身のライブなどでは、しっかりと打ち合わせやリハーサルをするので問題は無いのですが、歌番組などでは多くのアーティストが出演するため上手くリハーサルなどが出来ないこともあります。

音響トラブルなどにより、満足のいくパフォーマンスが出来ない可能性もありそうですよね。

 

藤原聡(ヒゲダン)は声質が変わった?

藤原さんの声がおかしい、歌声が変わったと感じる方もいるようです。

では、一体なぜ声が変わったと感じるのでしょうか?

 

①ポリープ手術の影響の可能性

藤原さんはポリープ手術のために、一時期療養されていました。

その期間は声を出さないように過ごしてきたと思います。

ですので、少しブランクなどもあり声が変わって聞こえるのかもしれません。

 

②喉の使いすぎ

長年にわたる音楽活動は、声帯へ高い負担を続けます。

特に藤原さんのようなプロの歌手は、日々の練習やライブパフォーマンスにより、喉を過度に使用していると考えられます。

この継続的な使用は、声帯の疲労や損傷を引き起こすことがあり、これが声質の変化をもたらす要因となる場合があります。

 

③声の出し方を変えた可能性も

藤原聡さんはアーティストとして成長し続ける中で、自身の声の出し方や歌唱スタイルを意図的に変えている可能性も考えられます。

音楽業界では、アーティストが自己表現の方法を変化させることは珍しくありません。

彼が新しい音楽的表現を模索する過程で、声の出し方や歌唱スタイルを変更することにより、声質に変化が生じることもおこりえます。

 

まとめ!

さて、今回は「藤原聡(ヒゲダン)は歌下手になった?声質変化についても調査!」についてまとめてみました。

藤原聡(ヒゲダン)の歌声に関する変化には、

・喉の健康状態
・年末の歌番組への出演
・過去の声帯手術
・声の使い方の変更

など、さまざまな要因が関与していることがあげられました。

彼の歌声の変化は、ファンにとっては新たな魅力となり得る一方で、彼の音楽活動に対する継続的な関心を引き起こしています。

アーティストのキャリアは常に進化しており、藤原聡の場合も、彼の音楽的旅路の中での自然な変化と捉えることができるでしょう。

彼の今後の活躍に期待が集まります!

 

-役立ち情報