大学生

引きこもりやニートはアルバイトに落ちる?受かるコツについても!

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

引きこもり期間が長かったり現在ニートだったりすると、アルバイトに応募しても落ちるのではないか?と不安に感じてしまいますよね。

せっかく今の状況を変えたいと思っていても、落ちるのが怖くて尻込みしてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、勇気を出してアルバイトに応募しようと思っているのならぜひ挑戦するべきですよね!

今回は引きこもりやニートの人はアルバイトに落ちる傾向があるのか調査してみました。

受かるコツについてもご紹介します!

 

引きこもりニートがアルバイトに落ちる理由は?

泣く男性

なぜ引きこもりやニートだとアルバイトに落ちてしまうのでしょうか?

その理由を紹介していきます!

 

バイトが続かないと思わる

引きこもりやニートの人がアルバイトに応募すると、採用したところでどうせすぐに辞めてしまうのでは?と思われてしまうことがあります。

そういうイメージを持たれてしまっていることは非常に悔しいですが、どうすることもできません。

採用してもらうためには履歴書を出す時や面接の際に、「どれほど働きたいと思っているか」その熱意を伝えるしかないですよね。

本気で伝えようとすれば、きっと思いが相手に伝わるはずですよ!

 

面接でコミュニケーション能力が低いと思われている

面接を受けた際に、コミュニケーション能力が低いと思われて不採用となってしまうケースもあります。

普段人と会話をしない生活を送っていると、いざ面接の際に受け答えしようとしてもなかなか言葉が出てこなかったりしますよね。

そういった人は事前に面接練習をしましょう。

親や友達に頼んで一度面接の流れを経験しておくと、本番でもスムーズに会話ができるはずです。

 

過去の職歴を重視するバイトもある

過去の職歴を重要視するバイト先もあります。

そういったバイト先の場合、今すぐどうにかできるものではないので他のバイト先を探すことをお勧めします。

 

引きこもりやニートがアルバイトに受かるコツは?

幸せな女性

引きこもりやニートの人がアルバイトに受かるにはどうしたらいいのでしょうか?

コツを紹介します!

 

未経験歓迎のアルバイトを選ぶ

「未経験歓迎」のアルバイトは採用してもらえる可能性が高いです!

経験がなくても問題なく働ける仕事内容ということなので働くこちら側からとしても安心ですよね。

 

人材不足のアルバイトを選ぶ

人材不足のアルバイトも採用してもらえる可能性が高いです。

人材不足ということは早く新しいバイトに来てもらわないと営業が成り立たなくて困っている状況ですよね。

飲食店やコンビニは常に人材不足というので、接客業や飲食業を狙って応募すると採用してもらえる可能性が高いです。

 

人と関わらないアルバイトを選ぶ

人と関わらないアルバイトを選ぶと、引きこもりやニートということは関係なく採用してもらいやすいです。

人とのコミュニケーションが必要ない仕事なら、仕事内容さえ覚えてしまえば問題なく働くことができますよね。

もし今引きこもりやニートをしていて人と接することが苦手という場合は、人と関わらないアルバイトを選んでみるのがおすすめです。

 

引きこもりやニートにおすすめするアルバイトは?

幸せな女性

引きこもりやニートの人におすすめのアルバイトを紹介します!

 

清掃員

清掃員の仕事は人と接する機会がなく、一人で黙々とできる仕事です。

掃除をすることが苦でない、細かいところまで気が付く性格をしている人には向いている仕事ですよ。

 

在宅ワーク

在宅ワークは他の同僚に会う機会が一切ないですし、自分のペースで仕事ができます。

引きこもりやニート期間を経て社会復帰したい場合にはもってこいの働き方です。

しかし在宅ワークとなるとwebデザインやエンジニア、プログラマーなど経験や資格が必要な仕事も多いです。

経験や資格なしで働ける在宅ワークもありますが、そういった仕事は収入が少ない傾向があります。

自分にできる在宅ワークはあるのか、収入は月にどのくらい必要なのかを考えたうえで判断することをお勧めします。

 

交通調査員

道路などで交通量を調査する交通調査員の仕事も働きやすいです。

難しい仕事内容ではないですし、コミュニケーション能力も必要ありません。

夏は暑く冬は寒いという大変な面はありますが、その点を我慢できるという方はぜひ応募してみてはいかがでしょうか。

 

工場

工場のバイトは黙々と作業することが多いですし、同僚とのコミュニケーションもさほど必要ではありません。

実際に人と関わるのが苦手という理由で工場で働く人も多いです。

同じ作業を繰り返すのが苦でない人や作業に没頭するのが好きな人におすすめの仕事です。

 

単発バイト

単発バイトであればもともと数日限りのバイトなので採用されやすいですし、バイト先の同僚ともすぐに離れることになるのでストレスなく働ける場合が多いです。

毎月必ず安定した収入が欲しい場合は難しいですが、そうでなければ向いているバイトです。

 

職歴を作って自分がやりたい仕事やバイトをしよう!

働く男性

やりたいバイトがあっても引きこもりやニートであることを理由になかなか採用してもらえないこともあります。

そういったときは一度別のバイトで職歴を作ってから、改めてやりたい仕事に応募してみましょう。

きちんと職歴を作れば、採用してもらえる確率はぐっとあがります。

 

引きこもりやニートはアルバイトに落ちる?についてまとめ!

引きこもりやニートだとアルバイトに落ちるのか?

アルバイトに受かるコツはあるのか?について調査しました。

やはりバイト先によっては応募しても落とされてしまうことはあるようです。

しかし、比較的採用してもらいやすいバイト先もあるようなので最初から諦めずにまずは応募してみましょう!

いい職場と巡り合えるように応援しています!

 

-大学生