食べ物

ルイボスティーは妊娠中は危険?おすすめの効果はある?

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

ほっと一息つきたいときにルイボスティーを飲む方が増えています。

抗酸化作用があり女性には嬉しい効果もたくさん。

しかしルイボスティーは飲み過ぎに注意です。

妊娠中にルイボスティーは危険?どれくらいなら飲んでも大丈夫?

ということで今回は、ルイボスティーは妊娠中は危険?おすすめの効果はある?を調査。

正しい知識で美味しくルイボスティーをいただきましょう!

 

ルイボスティーは妊娠中は危険?

ルイボスティー

ルイボスティーは妊娠中は危険?について解説します。

妊娠中は母子共に最善の注意を払わなければいけません。

ルイボスティーに含まれているあの物質の取り過ぎには要注意!

 

ルイボスティーが妊娠中に危険と言われる理由はポリフェノール!

ルイボスティー、チョコレート、ココア、緑茶などに多く含まれるポリフェノール。

妊娠中にポリフェノールの摂り過ぎに注意が必要です。

微量の摂取では、酸化を抑える抗酸化物質として人の体に有用な働きをします。

しかし、妊娠中はポリフェノールの摂り過ぎが良くないことがわかってきました。

妊娠中にポリフェノールを過剰に摂取すると赤ちゃんに悪影響があります。

血管の一部が狭まったり閉鎖したりする動脈管早期収縮心不全を起こしたという事例も。

 

ルイボスティー妊娠中の摂取量はどれくらい?

ルイボスティーとカップ

ルイボスティー妊娠中の摂取量はどれくらい?を調査します。

妊娠中にルイボスティーをまったく飲んではいけないということではありません。

適量であれば飲んでもOKです。

どのくらいであれば飲んでもいいのか調べてみました。

 

ルイボスティー妊娠中の飲みすぎは何杯から?

このくらい飲んだら良くないという明確な基準はありません

水分補給のほとんどをルイボスティーでするのは好ましくありません

ルイボスティーの濃さによっても決まりますが、飲み過ぎにはご注意ください。

 

ルイボスティーは妊娠中におすすめ?

 

ルイボスティーは妊娠中におすすめ?について解説していきます。

ルイボスティーは奇跡のお茶と呼ばれるほどたくさんの栄養素が。

撮り過ぎには注意が必要ですが、正しい容量を守れば妊婦さんにも嬉しい効果が実感できます。

 

ルイボスティー妊娠中におすすめ理由①免疫力アップ

ルイボスティーを飲むと免疫力アップに繋がります。

免疫とは?

身体のなかに入ってきたウイルスや細菌を排除するための働き

妊娠中も免疫力を上げることを心がけましょう。

 

ルイボスティー妊娠中におすすめ理由②冷え性改善

妊娠中は季節に関わらず体が冷えてしまいます。

免疫が上がると体温もよく流れるため体温が上がり冷えも改善されます。

ルイボスティーを飲んで体の中から温活しましょう。

 

ルイボスティー妊娠中におすすめ理由③美肌効果

妊娠中もお肌のコンディションは整えたいですよね。

ルイボスティーには抗酸化作用があります。

体内に蓄積された過剰な活性化酵素を分解して無毒化してくれます。

 

ルイボスティー妊娠中におすすめ理由➃便秘改善

妊娠中は便秘になりがちです。

つわりなどでご飯を食べられない時期もあるかもしれません。

ビタミンやミネラル不足を補うためにもルイボスティーも便秘改善に効果的です。

 

ルイボスティー妊娠中におすすめ理由⑤アレルギー疾患の緩和

ルイボスティーにはアレルギー症状を和らげてくれる作用があるとされています。

花粉症や、ぜんそくやアトピー皮膚炎などの緩和にも効果も確認されています。

 

ルイボスティーは妊娠中は危険?おすすめの効果はある?まとめ!

さて、今回はルイボスティーは妊娠中は危険?おすすめの効果はある?まとめ!を解説しました。

妊娠中は特に身体に摂り入れるものには注意したいものです。

正しい容量で飲めば不足しがちな栄養も補うことができます。

ご自身の体調に合わせてルイボスティーをお愉しみください。

-食べ物