つくば市民大学より大切なお知らせ

つくば市民大学事業は2017年12月末に終了いたします

このたび、中央労働金庫、中央ろうきん社会貢献基金、ウニベルシタスつくばの三者による共同事業としての「つくば市民大学」は、中央ろうきん社会貢献基金の解散(予定)に伴い、2017年度末をもって終了することとなりました。

 

今後のスケジュールは、おおむね以下の通りとなります。

・2017年12月末 講座、サークル/サロン、会場使用等、現会場での通常事業をすべて終了

・2018年1~3月 なんらかの記念事業を実施

・2018年3月末 税務などの事務手続きをすべて完了

 

2009年の開校以来、つくば市内・外を問わず、たくさんの人々からご支持いただき、「まなぶ・つながる・つくりだす」場を重ねてきました。
この場がクローズしてしまうのは残念ですが、12月24日の最終日までののこり数ヶ月、さらに充実した場を重ねていけるように、スタッフ一同注力いたします。

つくば市民大学のラストスパートにご期待ください!

 

※なお、ウニベルシタスつくばは、活動は休止状態となりますが、団体としては、2018年4月以後も存続します。
2021年度を目途に、何らかの形で事業を再開することを前提としているためです。
「学びあい」の小さな灯火のリレーに、引き続きみなさまのお知恵をお寄せくださいませ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です