アイドル

ミサモの人気順は?日本と韓国で違いはあるの?

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

大人気アイドルグループTWICEの日本人メンバーで結成されている、MISAMO(ミサモ)ですが紅白でも圧巻のパフォーマンスでしたね!

2023年7月にデビューを果たしたユニットで、日本のみならず世界中で人気があります。

TWICEのメンバーからの派生ユニットなので、勿論韓国でも人気があるそうですが、日本と韓国でメンバーの人気順に違いはあるのか気になりませんか?

そこで今回は、ミサモの3人の人気順を調査しました!

すでにTWICEやミサモが大好きな方も、これから調べていきたいなという方も、ぜひ最後までお読みください♪

 

ミサモ日本での人気順は?

まずは、ミサモの日本での人気順について紹介します。

ランキングはSNSで登録者数やコメント数などを総合したランキングになります。

 

3位 ミナ

プロフィール

・名前:ミナ

・本名:名井 南(みょうい みな)

・誕生日:1997年3月24日

・出身地:アメリカ/兵庫県

・身長体重:163㎝・45㎏

・血液型:A型

・Instgramフォロワー数約946.3万人

 

TWICEではリードダンサーを務めているミナが3位という結果でした!

ミナ推しの意見としてはいかの通りです。

・指先まで美しい上品なダンス

・大人っぽいステージと普段のギャップ

・透き通ったやさしい歌声

他の2人ほどそれほど差があるわけではありません。

ランキングによっては順位の変動もあると思われるほど、人気は拮抗しています!

 

ミナさんは、11年間バレエをしていた経験から、ダンスの動きがとても上品です。

バレエの影響で歩くときに外股になるミナ。

でもファンたちの間では「このペンギン歩きがかわいい!」と人気です。

上品な印象を受けるステージと、ペンギンのようにぺたぺたとかわいく歩く

普段とのギャップに魅了されるファンも多いようです!

また、穏やかな性格で、休日はインドアな過ごし方が好きというところにも

親近感を感じますね。

 

2位 サナ

プロフィール

・名前:サナ

・本名:湊崎 紗夏(みなとざき さな)

・誕生日:1996年12月29日

・出身地:大阪府

・身長体重:164㎝・47㎏

・血液型:B型

・Instgramフォロワー数約1127万

TWICEでサブボーカルを務めるサナが2位となりました!

ミサモではメインボーカルを務めています。

 

サナが人気な理由は以下です♪

・深みがあって色っぽい歌声なのに愛嬌があってかわいい!

・抜群のスタイル

・日本人なのに韓国語も堪能な努力家

深みを持つ歌声が人気です!

また「PRADA」のアンバサダーに抜擢されるほど抜群のスタイルを持っています。

ピラティスや筋トレ、食事制限を続けて今のスタイルを手に入れたそうですよ。

フレンドリーな性格なだけではなく、

「キム・サナ」の愛称で呼ばれるほど韓国語が堪能なサナは、大変努力家でもあります!

 

1位 モモ

プロフィール

・名前:モモ

・本名:平井 もも(ひらい もも)

・誕生日:1996年11月9日

・出身地:京都府

・身長体重:162㎝・49㎏

・血液型:A型

・Instgramフォロワー数 約1363万人

 

TWICEでメインダンサーを務めるモモが1位になりました!

モモが1位の理由は・・・

・メインダンサーも務める実力

・デビュー前から際立つ性格の良さ

・たぬき顔と言われるかわいい顔立ち

 

3歳のころからダンスを始めたモモは、中学3年生(14歳)の頃

JYPエンターテインメントにスカウトされ練習生に。

2015年にTWICEメンバーを選出した韓国のサバイバル番組「SIXTEEN」に出演し、

一度敗退したものの、努力家で、スタッフや講師からの評価も高かったモモは

最終的にはデビューメンバーに選ばれます。

 

デビュー前から性格の良さが際立ちますね!

また大きな目と小さな鼻が特徴的な「たぬき顔」も日本人からの評価が高い理由かもしれません。

 

ミサモ韓国での人気順は?

ここまで日本での人気順を見てきました!

韓国と順位に違いはあるのでしょうか・・・?

それでは早速見ていきましょう!

 

3位 モモ

韓国での人気順位3位はモモです。

韓国アイドル界は、特に実力を重視します。

モモは、高音が出にくいため歌であまり評価されていないということで

3位になってしまったのかもしれませんね。

しかしミサモでは、モモが低音を担当することで幅広い音域で曲が作られています!

特に「Do not touch」はモモの低音ボイスが大変魅力的です。

また、モモは、他のメンバーと比べても筋肉のある引き締まったスタイルと

ダンスの技術は他のメンバーからとびぬけています!

 

2位 ミナ

韓国での人気順位2位はミナです。

美しいダンスや歌も上手いミナ。

しかし韓国番組では、おとなしい性格から

積極的にアピールすることが少なく見えてしまうことも。

ビジュアル担当として、2020年ごろに発売された

TWICEのメンバー別のソロ・フォトブック予約や、

オンラインコンサートのメンバー別チケットの売上で、

メンバー9人中2位を獲得するほどの人気もあります!

 

1位 サナ

韓国での人気順位1位はサナでした!

韓国では珍しい「リス顔」のサナは、ビジュアル担当!

また、「キム・サナ」の愛称でも親しまれていて、

「韓国人よりも上手」と言われるほど、

日本人メンバーの中でも特に韓国語を流ちょうに話すことができるので

好感度がとても高いです。

韓国語は、韓国のバラエティ番組を見て勉強したそうですよ!

またTWICEの転機となった「CHEER UP」をご存知の方も多いのでは?

「Shy Shy Shy(シャーシャーシャー)」をサナが可愛い振り付けで歌ったことで

キーリングパートとして大人気となり、一気にTWICEに注目が集まりました。

 

サナはTWICEの国民的ガールズグループとしての地位を築き上げた立役者!

最近は、韓国のバラエティー番組で人気のタレント・DEX(デックス)も

サナに熱視線を送っています!

社交性があり、愛嬌たっぷりなサナが韓国で人気なのは当然かもしれません♪

 

ミサモの人気順が日本と韓国で違うのはなぜ?

ここまでミサモメンバーの日本と韓国の人気順を発表してきました。

ミサモの人気順が日本と韓国で違うのはなぜなのでしょう・・・?

日本と韓国の人気順のおさらいです。

日本

1位 モモ

2位 サナ

3位 ミナ

 

韓国

1位 サナ

2位 ミナ

3位 モモ

以上の結果となりました。

こうしてみると、日本と韓国では全く違う結果となりましたね。

それぞれについて考えてみると・・・

モモ

・性格の良さや、「たぬき顔」と呼ばれるかわいい顔立ちが人気で日本では1位

・歌での評価が低いこと、またサナほど韓国語が流暢ではないため韓国では3位

ミナ

・日本と韓国で安定した人気

・上品でおしとやかな雰囲気が人気

サナ

・日本では美人顔よりかわいい顔立ちが好まれるため、日本の順位は2位

・「キム・サナ」の愛称がつくほど韓国語が流暢で愛嬌があること、

・TWICEを人気アイドルに押し上げるきっかけを作ったので、韓国では1位

 

しかし、SNSのいいね数やフォロワー数、動画の再生回数などを見ても、3人に明確な差はありません。

 

ミサモの人気順についてまとめ!

ミサモの日本・韓国での人気順についていかがでしたか?

2023年末にはデビュー1年たたずに紅白歌合戦への出場も果たしたミサモ。

彼女たちの人気順ということで調べましたが、3人とも魅力あふれるメンバーだということがわかりました!

TWICEの活動とともに、今後のミサモの活動も楽しみですね。

この記事を読んでミサモの魅力が伝わったら嬉しいです!

お読みいただきありがとうございました♪

-アイドル