一人暮らし

一人暮らし実家に帰りすぎはダメ?頻度はどれくらいが普通?

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

進学や就職で実家から離れ一人暮らしを始める方は多いと思います。

しかし、今まで家族と過ごしていたのに一人暮らしとなると寂しかったり、話し相手がいなくて滅入ることもありますよね!

気が付くと毎週のように実家に帰っているなんてことも!

「実家に帰りすぎはダメなのか?」

「実家に帰る頻度はどれくらいが普通?」

今回は、一人暮らしで実家に良く帰る人に向けてお送りします。

 

一人暮らし実家に帰りすぎはダメ?

東京駅

一人暮らしで実家に帰りすぎはダメということはありません!

親としては、何歳になっても子供のことは気になります。

全く帰ってこないよりは頻繁に顔を出してくれる方が嬉しいです。

ただ、親にご飯を食べさせてもらったり、お小遣いを貰いに行くというなら話は変わってきます。

実家に頻繫に帰る場合は、たまには親の手伝いをしたり、美味しいお土産を持って帰るなどすればお互い気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。

どちらにせよ、頻繁に帰れるということは関係が良いということでもありますので良いことと言えます。

 

毎週末実家に帰るのは周りに理解されない可能性も!

友人に週末何をしていたのか聞かれた時に「毎週のように実家に帰っていた」と話すと理解されない可能性もあります。

親離れ出来ていないなどのネガティブな印象を持たれるかもしれません。

しかし、一人暮らしを始めたばかりでは不安があったり気疲れすることもあると思います。

周りからは理解されにくいかもしれませんが、親が嫌でなければ良いのではないでしょうか。

 

一人暮らしが実家に帰る頻度は?

新幹線

帰る頻度は、一概にこのくらいの期間を開けてなんてことはないので個人差にもよりますね。

では、実家が近い場合と実家が遠い場合の頻度を考えてみましょう。

 

実家が近い場合

帰る場所が例えば、1時間くらいなら帰る頻度も人によっては1か月に2~3回帰るかたも居られると思います。

もしくは、1週間に1回のペースで帰るかたも居られると思います。

親子関係がとても良好で実家が近いのは、とても素敵なことですね。

近いとはいえ、帰るのが年に2~3回というかたもおられるでしょう。

一概に近い=帰るわけでは無いとのことですね。

 

実家が遠い場合

実家が遠いとなると帰るのにお金もかかりますし、そうそう頻繁に帰ることはできませんね。

しかし、今の時代はsnsの活用だったり、カメラを使って通話なんてことも可能なので、たとえ実家が遠い場合でも先に述べた方法を使い

両親とも交流を深めることができるはずです。

 

一人暮らしで実家に帰りすぎている場合に注意することは?

田舎風景

帰りすぎての注意点は?いったいどうゆう理由があるのでしょう。

・自立心の低下

・親の負担

・社会との関わり

などが不安視されていますので、それぞれみてみましょう。

 

自立心の低下

一人暮らしをしているのに、実家に帰る頻度が高くなると一番不安なことは、やはりこちらの自立心の低下ではないでしょうか?

帰るとお母さんの手作り料理がすぐに食べられることから、ついつい自分ではつくることを疎かにしてしまう恐れがありますね。

その辺はしっかりと区別をつけ一人暮らしをやっていけてれば問題ないのはと思います。

 

親の負担になっていないか

親としては、子供が帰ってくるのは嬉しいことです。

しかし、毎週のように帰ってきて美味しい料理を用意するなどは負担になっている可能性もあります。

親なので言葉にしていないかもしれませんが、

  • 食費がいつもよりかかっている
  • 料理の準備が大変
  • 用事や出かける予定を変更した

心配な場合は、親にサクッと聞いてみるのも良いかと思います。

 

社会との関わり

こちらも積極的に帰省していると、社会との関わりがうまくできなくなる可能性もあるかもしれませんね。

親を頼りにしすぎて、親なしでは色々なことができなくなっては困りますよね。

ご両親ばかりを頼りにするのではなく自立も必要だということですね。

全員がなるわけではないので、読まれている皆さん安心してくださいね。

 

一人暮らし実家に帰りすぎはダメ?についてまとめ!

さて、今回は一人暮らし実家に帰りすぎはダメなの?

帰る頻度はどのくらい?をまとめてみましたが、皆さんは実家に帰る頻度はどのくらいだったでしょうか?

頻繁に帰ることは決して悪い事ではないと思います。ご両親と仲が良いのはとても素敵なことですし

お孫さんができたりして帰るお家があるのは、とてもありがたいですね。

それぞれのお家事情もあると思いますので参考にしてみてくださいね。

-一人暮らし