course / event informaion

講座・イベント情報  

講座名

講演会
万人のための“点字力”入門~「さわってみる」フィーリングワークの魅力~

概 要

「たまたま僕は目が見えなくなった、つまり視覚を使わなくなったために豊かなさわる文化に出会った。しかし、じつはこの「触文化」とは、健常者といわれる人たちにも体験可能な普遍性を持っており、目の見える方々にこそぜひ味わって欲しいものなのだ。…」(『さわる文化への招待』より)


“点字力”(少ない材料から多くを生み出すしたたかな創造力、常識にとらわれないしなやかな発想力)“フィーリングワーク”(人間が本来持っている感覚の多様性を呼び覚ます実践的研究)をキーワードに全国各地でワークショップを実践し、「さわる文化の魅力」を多くの人に伝える広瀬浩二郎さん(国立民族学博物館准教授)にお話いただきます。


広瀬さんからのメッセージ:
僕にとって「つくば市民大学」の秋の講座は、毎年の恒例行事です。これまでは“さわる”体験型ワークショップを行ない、参加者のみなさんとともに触文化の豊かな世界を楽しく探究してきました。そんなワークショップの成果を踏まえて、今年度は最近の僕の活動の総括、そして今後への展望をざっくばらんにお話する講演を実施します。キーワードは“点字力”(少ない材料から多くを生み出すしたたかな創造力、常識にとらわれないしなやかな発想力)、“フィーリングワーク”(人間が本来持っている感覚の多様性を呼び覚ます実践的研究)の二つです。
講演といっても独演会ではなく、参加者との有意義な対話の場、刺激的な交流の機会になればいいなと思っています。ぜひ気楽に遊びに来てください。「目に見えぬ 縁を育む 講宴会」!

こんな方に…

感覚の世界、「触文化」の奥深さと楽しさに関心のある方

講 師

広瀬浩二郎さん(国立民族学博物館 准教授)
1967年、東京都生まれ。13歳の時に失明。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、障害者文化論。
2001年より国立民族学博物館に勤務。近年は「触文化」「フリーバリア」などをテーマとして、“さわる”広さと深さにこだわる講演、ワークショップを各地で行なっている。
主な著書に『障害者の宗教民俗学』(明石書店、1997年)、『人間解放の福祉論――出口王仁三郎と近代日本』(解放出版社、2001年)、『触る門には福来たる――座頭市流フィールドワーカーが行く!』(岩波書店、2004年)などがある。また昨年5月に刊行した新著『さわる文化への招待――触覚でみる手学問のすすめ』(世界思想社)では、ミュージアムのバリアフリーという枠を超えて、新たな障害者像、博物館イメージを提案している。
参考webサイト:
国立民族学博物館 研究スタッフ紹介
『さわる文化への招待――触覚でみる手学問のすすめ』(世界思想社)
『万人のための点字力入門~さわる文字から、さわる文化へ』(生活書院)

日 時

11月27日(土)13:30~16:30(受付開始は13:00)
※講演会の終了後に同会場で交流会を開催する予定です。

会 場

つくば市民大学
※アクセスはこちらをご参照ください。
※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※車イス駐車場をご希望の方は、申込時にご連絡ください。なお、近隣の公共駐車場にも車イス駐車場があります。
※情報保証については、お早めにご相談ください。
※ろうきんつくばビルに車イスWCはありません。近隣公共機関のものをご利用お願いします。場所の情報については、申込時にお問い合わせください。ご不便をおかけしますがご理解のほどお願い申し上げます。

受講料

500円(高校生以下無料)

お申し込み

つくばバリアフリー学習会・北村まで、以下の電子メールを送信ください。
・件名:「11月27日広瀬さん講演会受講希望」
・本文:「名前」、「メールアドレス」を明記
以上でお申し込みは完了です。受講料の納入手続きは、講座当日、受付にて承ります。
※送っていただいた個人情報は本イベントの対応以外に使用することはありません。

こちらから講座チラシをダウンロードできます。 hirose.pdf