course / event informaion

講座・イベント情報  

講座名

教育公開講座
読み書きに困難を示す子どもたちへの理解と支援
~読み書き困難疑似体験と、具体的な支援の手立て~

概 要

リヴォルヴ学校教育研究所では、2000年の発足以来、不登校や学習につまずきがちな子ども達の支援に取り組んでまいりました。その実践と研究の成果をまとめた教材は、全国の小中学校等で採用されているほか、「国立特別支援教育総合研究所」のサイトでも紹介されております。
また、これまでに行った講座には全国からおよそ3,000人の参加者を集め、いずれも高い評価をいただいております。
このたび、「読み書き困難疑似体験ソフト」の完成に合わせ、上記の公開講座を開催することといたしました。講座の内容は、日々、実際に指導にあたっている講師だからこそお話しできる具体的なものとなっております。
皆さまお誘い合わせの上、ご参加いただけますようご案内申し上げます。
《内 容》
○午前の部(10:30~12:30)「読み書き困難の疑似体験」
「読み書き困難疑似体験ソフト」を用いて子どもたちの困難を疑似体験していただきながら、ディスレクシア、読み書き困難への理解をへの理解を深めます。
*キーワード:文字の読み書き / 語、文の読み取り / 同時処理 / 継次処理 / 評価(アセスメント)/ 読み書き困難(発達性ディスレクシア)
○午後の部(13:30~15:30)「つまずきを回避、軽減する支援の具体的手立て」
つまずきがちな子どもたちへの声掛け、実際に支援を行う上でのコツなど、授業に役立つ様々なアイディアを紹介します。
*キーワード:ひらがな / カタカナ / 漢字 / 英語 / 意欲を育む / 到達目標の設定 / 短所補強と長所活用 / 手指の巧緻性 / 音韻的気づき / 視覚認知

こんな方に…

幼稚園・小学校・中学校職員、学習支援員、塾等教職員、その他教育関係の方

講 師

小野村哲さん(特定非営利活動法人リヴォルヴ学校教育研究所 代表)

日 時

8月28日(土)10:30~16:00(受付開始は10:00)

会 場

つくば市民大学
※アクセスはこちらをご参照ください。
※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。

受講料

終日参加:3,500円(プラス資料代1,000円)
午前または午後のみ参加:2,500円(プラス資料代1,000円)
*終日参加者、半日参加者ともに資料として、「読み書き困難の疑似体験(CD-ROM)」と小冊子「読み書きの困難を示す子どもたちへの支援の手引」を配布いたします。
*参加者のご都合で参加を取りやめる場合、一度振り込まれた参加費は返却いたしません。あらかじめご了承ください。

お申し込み

以下よりチラシ(申込書)をダウンロードし、主催者までファクシミリまたは郵送にてお申し込みください。

主催:特定非営利活動法人リヴォルヴ学校教育研究所
後援:茨城県教育委員会・つくば市教育委員会(いずれも申請中)

こちらから講座チラシがダウンロードできます。

rise.pdf