course / event informaion

講座・イベント情報  

講座名

あたらしい「新しい公共」フォーラム ~つくばPURC~

概 要

「『新しい公共』って、なんだろう?」
「それを実現するために、何ができるだろう?」
そんなテーマで、ゆるやかなダイアローグ(対話)を楽しみませんか?


この対話イベントは、「新しい公共」に関するそれぞれの思いや考えを分かちあい、刺激しあうことが目的であり、何らかの合意形成を図るものではありません。
とはいうものの、すべての人に居場所と役割がある「新しい公共」社会を、私たち(地域・市民)の側から創造・推進していくためのきっかけとなることを、ちょっとだけ期待していたりして…。


どんな対話となるか、そこで何が起こるかは、あなた次第。
さあ、ともに新しいムーブメントを創り上げていきましょう!


※本イベントは、『あたらしい「新しい公共」円卓会議』(略称:PURC)が8月8日に全国同時多発的に開催する『あたらしい「新しい公共」フォーラム』の茨城・つくば会場として開催します。PURCについては、当ページ末尾をご参照ください。

こんな方に…

「新しい公共」というコンセプトに興味・関心のあるすべての方

ファシリテーター

徳田太郎さん(ウニベルシタスつくば 代表幹事)
1972年、茨城県生まれ。2003年にファシリテーターとして独立、全国の地方自治体、NPO、病院や民間企業などを対象に、年間120日以上のワークショップやセミナーを実施している。NPO法人日本ファシリテーション協会会長、NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ理事、東邦大学理学部非常勤講師(コミュニケーション)、アール医療福祉専門学校非常勤講師(臨床人間関係学)などを務めるほか、中小企業診断士、森林インストラクターの顔も持つ。
参考webサイト:ACCOMPANY!(blog)
twitterアカウント:@thirdvalue

日 時

8月8日(日)10:00~12:00(受付開始は9:45)

会 場

つくば市民大学
※アクセスはこちらをご参照ください。
※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※車イス駐車場をご希望の方は、申込時にご連絡ください。
※情報保証については、申込時にご相談ください。

参加費

500円(資料・茶菓代として)
※本イベントは、つくば市民大学の主催講座として開催いたします。参加には別途「つくば市民大学」の学生証が必要となります。年会費は個人500円・団体1,000円です(受講当日のお申し込みも可)。詳しくはこちらをご参照ください。

お申し込み

お問い合わせフォームから、以下の情報を送信ください。
・名前
・メールアドレス
・「つくばPURC」参加希望と明記
以上でお申し込みは完了です。参加費の納入手続きは、当日、受付にて承ります。
※車イス駐車場のご利用、情報保証に関するご相談などがある場合は、あわせてご一報ください。

その他

(参考)『あたらしい「新しい公共」円卓会議』(PURC)とは?(詳細はhttp://purc.net参照)
内閣府の第8回「新しい公共」円卓会議(平成22年6月4日)にて発表された「新しい公共宣言」に刺激を受けた発起人・長尾彰さんが、ツイッター上で「国民自ら当事者意識を持って「新しい公共」づくりに参画しよう」という呼びかけを開始したことがきっかけ。1週間強という短期間で全国から150人以上もの面識もない有志が長尾彰さん作成のメーリングリストに登録した。
6月13日にキックオフミーティングを開催、参加した鳩山前総理が、自身のツイッターで「裸踊り」発言を行い、話題となった。
6月24日、「政党・年齢・組織を越えて、全ての人に居場所と役割があり、当事者意識を持った『新しい公共』社会を創造・推進していく」ことを宣言し、場・チームとして正式発足した。なお、PURCは「Public Renovation Club」の略であり、皆が自由に集まる場である公園(PARK)とかけている。
PURCは、団体や組織ではなく、賛同者(6月24日現在で415人が参加)がオンラインおよびリアルの場でネットワークを形成し、自主自発的に新しい公共を実現する「基盤」をつくるための取り組みを相互支援する「場」であり「チーム」である。ここで言う相互支援とは、立場の垣根を超えた人たちが専門性を発揮し、情報交換をし、熟議を繰り返しながら実践を支え合うことを指している。
なお、PURCは「新しい公共宣言」のコンセプトのみを引き継いでおり、特定の立場を推進するものではない。

こちらからイベントチラシがダウンロードできます。
PURC.pdf