course / event informaion

講座・イベント情報  

講座名

新糖尿病文化セミナー~ランゲルハンス島の冒険~
第1回 「ストレスと映画と糖尿病~私はいかにして糖尿病になったのか~」

概 要

今やわが国においては、予備軍を含めると2,000万人が糖尿病であるといわれています。しかし糖尿病は、それ自体が危険な病気なのではありません。糖尿病を起点とした合併症が危険なのであり、その意味では、他のさまざまな病気の「入口」であるといえます。そしてその原因は、ストレスなど、社会的な要因が大きなウェイトを占めています。
この講座は、患者同士が知識を共有し、知恵を創造していくような継続的な啓蒙運動を展開すること、患者の側から、新しい糖尿病撲滅のアイデアを提案・実行するための場をつくることを目的としています。

こんな方に…

糖尿病をはじめとする生活習慣病に不安を感じる方々

講 師

冠木新市さん(脚本家・映画史研究家)
・名匠市川崑監督の下で多数の映画・舞台の脚本を手掛けた脚本家。代表作に『天河殺人事件』、『マヌケ先生』など。
・2006年、『私の糖尿病生活』(監修・後藤由夫東北大学名誉教授)に体験手記を依頼される。
・2007年、日本糖尿病協会からの依頼を受け、「第26回関東甲信越糖尿病セミナー」(主催・(社)日本糖尿病学会、(社)日本糖尿病協会)で芝居『演歌vsオペラ歌合戦~糖尿病と闘う二人の歌手の物語~」(原作脚本・冠木新市、演出・淡野健、主演・岡安由美子)を上演。
・2008~2009年、『ガマ娘の油売りアートプロジェクト』(後援・つくば市ほか)を立ち上げ、心の傷を癒すアートイベントを4回行う。これは糖尿病とうつ病に効く無駄話に焦点を当てたものである。
・2010年、5分間ムービー『ロボットナース』の制作に取り組む。これは糖尿病専門のロボットナースを主人公にした作品である。

日 時

1月30日(土)13:00~16:00(受付開始は12:30)
※本講座は、土曜日13:00~16:00・全3回開催のうちの第1回講座です。今回だけの受講もできますが、連続受講をおすすめします。他の日程は、以下の通りとなります。
1回目 1月30日(土)13時~16時
 「ストレスと映画と糖尿病~私はいかにして糖尿病になったのか~」
2回目 2月27日(土)13時~16時
 「マイナス思考のすすめ~私の糖尿病生活~」
3回目 3月27日(土)13時~16時
 「アートプロジェクトと糖尿病~糖尿病患者による糖尿病克服劇レポート)

会 場

つくば市民大学
※アクセスはこちらをご参照ください。

受講料

2,000円(大学生以下1,500円)/回

お申し込み

冠木(かぶき)090-5579-5726 まで、お電話にて直接お申し込みください。