course / event informaion

講座・イベント情報  (ダイバーシティ学科)

講座名

風を観る ~ユニバーサル・ミュージアムと観光・まちづくり~
※手話通訳/簡易磁気ループ有

概 要

近年、観光のユニバーサルデザイン、五感で味わうまちあるきが注目されています。
今回は全盲の文化人類学者で、自称「座頭市流フィールドワーカー」の広瀬浩二郎さんに、視覚以外の感覚で楽しむまちあるきについて講演していただきます。


講師からのメッセージ
盲学校で会得した単独歩行の極意。
大学の居合道部で経験した「見えないもの」を想像・創造する豊かな可能性。
そして「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)をめざす現在の活動。
「視覚を使えない」障害を「視覚を使わない」自由に変換するためには、どうすればいいのか。
そんなエキサイティングな研究と実践を続けてきたのが僕の半生です。
今回の講座では、「視覚を使わない」宗教・芸能者として活躍した琵琶法師や瞽女の旅の歴史、および僕自身の米国・シカゴでの在外研究時の「まちあるき」のエピソードなどを紹介しつつ、「身体でみる異文化」の魅力についてお話します。
音で伝え、色を創り、心に触れる。
聴いて、感じて、触発される講座になれば幸いです。

講師プロフィール

広瀬浩二郎(ひろせ・こうじろう)

1967年、東京都生まれ。
13歳の時に失明。筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。
2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。
2001年より国立民族学博物館に勤務。現在は民族文化研究部・准教授。
「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、
“さわる”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。
主な著書に『さわる文化への招待』(世界思想社)『さわっておどろく!』(岩波ジュニア新書)『さわって楽しむ博物館』(青弓社)『世界をさわる』(文理閣)などがある。

こんな方に…


■ユニバーサルデザイン/ユニバーサルミュージアムに関心のある方
■多様な人が「ともに」ある豊かな社会、まちづくりに関心のある方
■多様な人と「ともに」学びや楽しみを共有したい方

日 時

2月14日(土)14:00~16:30(13:30開場)

会 場

つくば市民大学
※アクセスはこちらをご参照ください。
※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※車イス駐車場をご希望の方は、申込時にご連絡ください。なお、近隣の公共駐車場にも車イス駐車場があります。

定 員

30名(申し込み順)

受講料

500円(当日、受付にて受領いたします)

問い合わせ・申込み

このページのいちばん下にある、申し込み用メールアドレス(担当:つくばバリアフリー学習会・北村)まで、以下の内容を送信してください。



■件名
「2月14日広瀬浩二郎さん講演会参加希望」
■本文
1.お名前
2.連絡先(メールアドレス)
3.手話通訳/簡易磁気ループ利用の有無

※駅からのガイドが必要な方は申込み時にご相談下さい。

その他

つくばバリアフリー学習会とは…
多様な人と「『ともに』の場を『ともに』つくる」活動を行っています。
つくばバリアフリー学習会これまでの活動
こちら