作者と読む福島の戯曲『空の村号』

概 要

東日本大震災から6年。避難を余儀なくされた酪農家家族の物語から、コミュニティの絆を考える。

戯曲『空の村号』は震災後間もない2012年、劇作家篠原久美子さんにより執筆され、児童青少年の国際演劇フェスティバルで、リーディング作品として上演されました。
その後、時間が経つ中、今でも私たちの住む茨城県内、つくば市内など身近なところで、福島から避難されてきている方、鬼怒川水害で常総から避難されてきている方が暮らしています。
それは時折、報道で伝え聞くことはあるけれど、どこか他人ごとと感じていませんか。
予期せぬ突然の被災によるコミュニティの分断は誰にでも起こり得ます。
戯曲を通して、コミュニティの絆について、共に考えてみましょう。

なお、本戯曲はアート企画陽だまりによるリーディング公演が、6月30日にアルスホール(つくば市吾妻)で予定されています(主催:つくば子ども劇場)→ 公演詳細はこちらのチラシから

こんな方に…

・コミュニティの絆について考えたい、被災された方々と共にあることを考えてみたい方。
・声に出して戯曲を読み・考える、という身体表現による学びに関心のある方。上演鑑賞をより深めたい方。
・演劇、朗読に関心がある小学4年生以上の方、朗読・読み聞かせをされている方など。

 

講 師

篠原久美子さん(劇作家)

1960年生まれ。茨城県出身。横浜市在住。
劇団劇作家代表。昭和音楽大学非常勤講師(台本シナリオ演習)。
公務員、舞台照明家を経て劇作家に。1999年『マクベスの妻と呼ばれた女』で日本劇作家協会優秀新人作品に選出、2000年『ケプラー・あこがれの星海航路』で文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作。
2005年、『ヒトノカケラ』で鶴屋南北戯曲賞ノミネート。2013年、震災後の演劇を考える児童・青少年演劇劇団協同組合合同公演『空の村号』で斎田喬戯曲賞。劇作のほか演劇教育にも携わり、2010年、実践記録『子どもたちと一緒に脚本を作る』で、第51回 演劇教育賞・特別賞受賞。
つくば市民大学では、2015年2月に篠原さんの戯曲『とおくのせんそう』が上演されている。

篠原さんからのメッセージ

「被災地」と聞くと、どんな風景を思い出しますか?
がれきの山、割れた大地、避難所でしょうか?
2011年の飯舘村は美しい村でした。故郷の茨城に似た農村、似た言葉を話す人々がいました。
震災、子ども、演劇、家族、笑い、朗読、原発、現実、夢、無敵、私にできること。
一つでもピンと来ましたら、ぜひご参加ください。

日 時

2017年6月17日(土)13:30~16:30

第1部 作者にうかがう『空の村号』のお話

篠原さんから、被災地で何をご覧になり、どのようにして作品が生まれたかを
お話いただきます。

第2部 リーディングワークショップ

読み方のポイントなどをお話いただいた後、実際に戯曲をグループで声に出して
読んでみます。

会 場

つくば市民大学(TX「つくば駅」より徒歩約10分)
※アクセスはこちらをご参照ください。
※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※車イス駐車場をご希望の方は、申込時にご連絡ください。

参加費

1000円(大学生以下500円)

※受講には「つくば市民大学」の学生証が必要となります。(高校生までは不要)
取得・更新のための年会費は、個人500円・団体1,000円です(受講当日のお申し込みも可)。
詳しくはこちらをご参照ください。

定 員

40名
定員に達し次第、申し込み締め切ります。

戯曲の事前の入手方法

事前に戯曲をお読みいただきたい方は下記の方法で戯曲が入手できます。
書店での注文、下記サイトからの注文で購入できます。

【問い合わせ先】 晩成書房
収録されている書籍
脚本集「3.11」
児童・青少年演劇ジャーナル「げき」

つくば市民大学、つくば子ども劇場の開場時間に直接、お渡しできます(書籍とは別テキスト)。
講座お申し込みの備考欄に受取窓口名(つくば市民大学、つくば子ども劇場のいずれか)、
ご来場予定時期をお書き添えください。詳細をご連絡します。
つくば子ども劇場 つくば市竹園2-4-10-2F 窓口:月~金(春休み・祝日を除く)10~15時
つくば市民大学  つくば市東新井15-2-5F 窓口:火・木・土・日13~18時

お申し込み

お申し込みフォームからお申し込みください。
備考欄に「受講希望日」、事前のテキスト受け取りを希望される場合の「戯曲の事前受取窓口名・来場予定時期」をご明記ください。
以上でお申し込みは完了です。
受講料の納入手続きは、講座当日、受付にて承ります。

お申し込みフォーム

お名前 (※)

メールアドレス (※)

お電話番号

備考

「送信ボタン」をクリックし、正常に送信が完了しますと、控えのメールが自動で送信されます。

もし、1時間ほど経過しても、届かない場合は、ご入力くださったメールアドレスが誤っているかもしれません。

たいへん恐れ入りますが、再度、送信いただくか、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

E-mail:info@tsukuba-cu.net
029-828-8891
受付日時:火・木・土・日曜 13時~18時