あなたとわたしにとって大切なダイバーシティの話
第3回 「障害」はどこにあるのか?

概 要

あなたとわたし、人と人……。
「同じ」人って、いるでしょうか?

人それぞれの〈違い〉について、なんとなく触れるのをさける雰囲気。
生活の中でも、「空気を読め」「同じであれ」「○○らしくあれ」…と見えない何かに息苦しさを感じることもあります。

お互いの〈違い〉を知り、「その人らしさ」が大切にされ、活かされたら…。

この連続講座では、「性別」「国籍・文化的背景」「障害」という3つのテーマを入り口として、ダイバーシティの考え方を、対話を通して探っていきます。
「ダイバーシティってよくわからない」「自分には関係ないんじゃない?」という方も大歓迎です。

 

今回のダイバーシティ概論では障害のある人たちとの多様性の問題に焦点をあて、

障害のある人とない人の違いは一体何なのか?
「障害者」という言葉が示す「障害」はどこにあるのか?
などといった問いを掲げながら、多様性が生かされる社会のあり方を探求します。

多様性を活かそう、人との違いを尊重しよう、などとたくさんの理想的な言葉が並べられることが増えた一方、「そんな簡単にいかない」と、葛藤をする人が増えた側面もあります。

今回は、多様性が引き起こす価値と摩擦と、両方の側面から、「障害とは何か」を探ります。
ゲームをしながら、多様性が引き起こす現象を体験するだけでなく、今回は「哲学対話」という手法で、参加者のみなさんと対話形式で、多様性時代の障害者論を構築してみたいと思っています。

障害の有無を超えて、価値を生み出すためにどんなことが必要か、職場や学校などででてきた素朴な疑問から、一緒に考えてみませんか?

つくば市民大学の学生証をお持ちの方も、そうでない方も、お気軽にご参加ください!

話題提供

山田 小百合(やまだ さゆり)さん

NPO法人Collable代表理事
1988年生まれ。大分県出身。
東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。
修士課程ではインクルーシブデザインや、障害のある子もない子もともに参加するワークショップの実践研究を行う。
修士課程修了後、NPO法人Collableを創立。学習環境デザインやインクルーシブデザインをベースに、ワークショップ、コミュニティづくりなどを手がける。
京都造形芸術大学通信教育部非常勤講師。



日 時

2017年2月12日(日)13:30~16:30

 

会 場

つくば市民大学(TX「つくば駅」より徒歩約10分)

※アクセスはこちらをご参照ください。

※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。

※車イス駐車場をご希望の方は、申込時にご連絡ください。

 

参加費

500円(大学生以下300円)

※参加には「つくば市民大学」の学生証が必要となります。
年会費は個人500円・団体1,000円です。当日すぐに発行いたします。
詳しくはこちらをご参照ください。

 

バリアフリー情報

・手話通訳などの情報保障については、お早めにご相談ください。

・つくば駅からガイドする「駅からいっしょ」ご希望の方は、申し込み時に明記ください。

・車イストイレ、男女それぞれ1箇所ずつあります。

・車イス駐車場あります(先着2台まで)。申し込み時に明記ください。

 

お申し込みフォーム

お名前 (※)

メールアドレス (※)

お電話番号

備考

「送信ボタン」をクリックし、正常に送信が完了しますと、控えのメールが自動で送信されます。

もし、1時間ほど経過しても、届かない場合は、ご入力くださったメールアドレスが誤っているかもしれません。

たいへん恐れ入りますが、再度、送信いただくか、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

E-mail:info@tsukuba-cu.net
029-828-8891
受付日時:火・木・土・日曜 13時~18時

あなたとわたしにとって大切なダイバーシティの話
第3回 「障害」はどこにあるのか?
” に対して 2 件のコメントがあります

この投稿はコメントできません。