今ここにある暮らしからつなげる未来(略称:イマココ)Vol 23.
~心の中の矢を花に変え、暮らしに添える~
共感的コミュニケーション

こんな講座です

「イマココ」は、暮らしを見直すきっかけ作りになる、学びあいと対話の場です。
講師がいて何かを教えてくれるのではなく、参加者1 人1 人が自分の経験や思いをシェアする場でもあります。

今回のテーマは「共感的コミュニケーション」

日々の暮らしの中で私たちは、ついつい矢のような厳しい「ことば」を、自分自身や他の人に投げかけていたりします。

この矢のような「ことば」をまともに受けてしまった突き刺さるような痛みを知らない人は、きっとこの世に一人もいないでしょう。

でも、この矢をよく見ると、すばやく飛んでくる鋭い矢尻の後ろに、美しい矢羽根があります。

儚い夢を抱いた健気さもまっすぐに飛んできているのです。

今回は、共感的コミュニケーション(※)という観点を通して、「心の中の矢を花に変え、暮らしに添える」ヒントを一緒に探してみたいと思います。

 

※「共感的コミュニケーション」は「非暴力コミュニケーション(NVC)」とも呼ばれています。

 

話題提供者

長田 誠司 (ながた せいじ)さん

在日コリアンの妻と結婚する過程や結婚後の生活で、自分にとって大切な人さえも、驚くほど無自覚に傷つけてしまうことに愕然とするなか、NVC(非暴力コミュニケーション)と出会う。
当初は、「NVCはよくわからない」印象があったが、日常の暮らしの中で可能性を実感。
現在はNVCのほか、修復的司法/正義、ナラティブ・セラピー、プロセスワークを織り交ぜて、様々なレベルの視点を持って活動。人間の内側と外側の両面から対立を捉え、対立の中から新しい未来を創造していくことに興味を持っている。

 

こんな想いのある方に

  • 親子、パートナー、友人など、大切な人ともっとわかりあいたい
  • 職場の人達と平和的なコミュニケーションをとりたい
  • 仲間たちと違いを認めあいつつ、対立を超えていい活動をしたい
  • 怒りや悲しみといった感情によってコミュニケーションがうまくいかないと思っている
  • 共感的コミュニケーションという言葉が気になる

 

ワークショップ体験者の声

NVCは人を思いやるコミュニケーションとも呼ばれ、他者とのコミュニケーションを「非暴力」で「共感的」に行うことを目指しているのですが、実のところ私はNVCを知ったことで、自分の内側に起こる悲しみや怒り、イライラする感情の奥にある、本当の気持ちに気づいたり、自分の感情に共感できるようになりました。
自分の悲しみや怒りに共感できるようになると、他者のことをも共感できるようになっていきます。
『世界の変化を見たいのなら、自分自身がその変化になる』というガンジーの言葉通り、まずは自分自身が変わっていくことで世界を平和にできる、そんな希望を感じています。(イマココスタッフ)

 

日 時

2017年9月19日(火)
18:55~21:00(18:45~受付)

※終了後に希望者による懇親会も予定。

 

 

会 場

つくば市民大学
※アクセスはこちらをご参照ください。
※駐車場はありません。公共交通機関か、近隣の有料駐車場をご利用ください。
※車イス駐車場をご希望の方は、申込時にご連絡ください。なお、近隣の公共駐車場にも車イス駐車場があります。
※お茶&お菓子つきの休憩あり。マイカップ持参にご協力ください。

 

参加費

500円(お茶・お菓子つき)
※受講には「つくば市民大学」の学生証が必要です。
年会費は個人500円・団体1,000円です(参加当日のお申し込みも可)。
詳しくはこちらをご参照ください。

 

お申し込み

このページの一番下にあるお申し込みフォームからお申し込みくださいませ。
 

【主催】つくば市民大学・イマココ事務局

「今ここにある暮らしからつなげる未来(通称イマココ)」とは・・・
イマココは、暮らしを見直すきっかけ作りになる、学びあいと対話の場です。
講師がいて何かを教えてくれるのではなく、参加者1人1人が自分の経験や思いをシェアする場でもあります。

お申し込みフォーム

お名前 (※)

メールアドレス (※)

お電話番号

備考

「送信ボタン」をクリックし、正常に送信が完了しますと、控えのメールが自動で送信されます。

もし、1時間ほど経過しても、届かない場合は、ご入力くださったメールアドレスが誤っているかもしれません。

たいへん恐れ入りますが、再度、送信いただくか、メールまたはお電話にてお問い合わせください。

E-mail:info@tsukuba-cu.net
029-828-8891
受付日時:火・木・土・日曜 13時~18時