大学生

大学生夏休み長いメリットやデメリットは?理由についても紹介!

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

もうすぐ夏休みの時期になりますね。

大学生の夏休みは長く、高校生までとは違って9月中でも夏休み期間という学校が多くあります。

長い夏休みなので上手く活用出来れば良いのですが中々そうはいきません。

そもそも、なぜ大学生の夏休みはこんなにも長いのでしょうか?

理由や夏休みが長いことのメリットやデメリットが知りたいですよね!

今回の記事では「大学生夏休みメリットやデメリットは?長い理由についても紹介!」と題してお送りします。

 

大学生の夏休みが長い理由は?

友達と遊ぶ

大学生の夏休みが長い理由には一体何があるのでしょうか?

大きく分けて7つの理由がありました。

夏休みが長すぎて何をして良いか分からない場合は以下の観点からどのように過ごすか決めてはいかがでしょうか?

 

①学業とリフレッシュのバランス

大学では、高校生までとは違って、より専門性の高い高度な内容の講義を受けることになります。

単位取得のために、朝から夕方まで1コマ90分という長い講義に集中しなければならない大学生にとって、リフレッシュの期間も大切ですよね。

ただ、海外の大学生と比べて夏休みの勉強時間は少ないため、長い夏休みは問題があるとも言われています。

 

②インターンシップや就業体験の機会

夏休み期間には、就職に向けてインターンシップや就業体験の機会が設けられていて、学生は自分の将来についてじっくり向き合う時間をとることができるようです。

インターンシップは給料が出る場合も多いですし、職場の雰囲気を知るという点でもおすすめですよ!

 

③海外留学や短期留学プログラム

夏休みが長いと、留学もできますよね。

一か国だけでなく、複数の国に留学をするという大学生もいるのだとか。

社会人になると留学は出来ないので、海外に興味がある方は是非とも夏休みを利用して留学してみましょう!

 

④自己啓発や趣味の追求

将来のために資格取得をしたり、普段まとまった時間を取れない分、思う存分趣味に没頭するという大学生もいるようです。

調べてみると、自動車の運転免許を取得するという大学生が多かったですよ。

 

⑤ボランティア活動や社会貢献

社会との繋がりをもてるいい機会でもありますよね。

ボランティア活動などを通じて知り合った人と、その後も連絡をとっている場合もあるようです。

 

⑥旅行やレジャー活動

長期休暇を利用して旅行に行く学生も多いです。

車も運転出来る年齢なので国内で行って見たかった場所へ友人や恋人と行く学生は沢山います。

国内旅行の格安予約なら【ビッグホリデー】

 国内だけでなく、海外旅行へ行くという大学生も多いようですよ。

社会人になると、休暇をとったとしてもなかなか遠くへは行くことができないものですが、1ヵ月以上も休みのある大学生であれば、ヨーロッパの方へも行くことができますよね。

 

⑦実家や地元への帰省

大学生は親元を離れて通っている学生さんも多いので、長い夏休みは実家への帰省が出来るようにという意味合いもあります。

多くの学生さんが夏休みを利用して帰省しているので、地元の友人などにも会える期間となります。

大学生が長期休暇を利用して帰省する割合や日数を調査しました!別記事で紹介しています。

 

大学生の夏休みが長いメリットは?

旅行

ここまで、大学生の夏休みが長い理由についてご紹介してきました。

ではそんな長い夏休みのメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

 

①心身ともにリフレッシュができる

バタバタとした日常から解放されることで、リフレッシュできるという声が多くありました。

長期間、自分のペースで過ごすことができるのは大学生の特権ですね。

 

②家族と過ごすことができる

大学生になると、実家を出て一人暮らしをするという人もいますよね。

長い夏休みがあると、もちろん実家に帰省する時間もとることができるので、久しぶりの家族との再会を楽しむこともできます。

 

③やりたかったことできる

自己啓発や趣味、普段の大学生生活の中ではなかなか時間をとってできなかったという人も、やりたかったことができて良いようです。

社会人となると1カ月以上休みなんてことは無いので、まとまった時間かけて様々なことにチャレンジ出来る最後の機会かもしれませんよ!

私は夏休み中にアルバイトで20万円を貯めて海外旅行に行きましたが一生の思い出です。

【利用者数25万人突破】リゾートバイトのお仕事検索・紹介ならダイブ!

 

大学生夏休みが長いデメリットは?

憂鬱

メリットがたくさんありましたが、大学生の長い夏休みにはデメリットもあるようですよ。

それぞれご紹介します。

 

①夏休み明けがダルくなる

普段でも休み明けの月曜日は何だかダルいと感じる人は多いのではないでしょうか?

1ヵ月以上も休みが続くと、大学へ行きたくないと思ってしまいますよね。

 

②生活リズムが崩れやすくなる

決まった時間の講義を受けていたのに、夏休みになると急に自分のペースでの生活になります。

いつもと同じ生活リズムで過ごす人もいますが、夜更かしをしたり、朝はゆっくり起きたいと思いますよね。

そうして生活リズムが崩れていくと、体調管理が難しくなる場合があるので注意が必要です。

 

③出費がかさむ

留学や旅行など、普段できないことができる夏休みですが、もちろん出費もかさんでしまいます。

私の友人は夏休みの遊ぶ頻度が多すぎて貯金がなくなったとの話も聞きました。

その後の生活に影響が出ないようにきちんとお金の管理をしておきましょう。

 

大学生夏休み長い理由についてまとめ!

いかがでしたか?

今回は、大学生の夏休みが長い理由について調べてまとめてきました。

自己啓発や留学、ボランティア活動など、様々な方法で有意義に夏休みを過ごすことができるといいですよね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-大学生