生活

蜂が玄関やベランダをうろうろする理由は?対処法がしりたい!

※当記事はアフィリエイト広告を利用しています

いよいよ気温も高くなり外出の機会も増える季節になりましたね。

さて、そんなイベントも楽しい時期ですが外で気を付けなければ命に係わる危険生物が玄関やベランダ、お庭をうろうろする生き物がいます。

その危険な生き物とは蜂です。

蜂と聞いてあまり得意な人は居ないかもしれませんね。

一歩間違えれば死に至ることにもなり兼ねません。

そこで今回は蜂が家の玄関、ベランダをうろうろする理由を書いていきたいと思います。

 

蜂が玄関やベランダをうろうろする理由は?

蜂の巣

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜂が玄関をうろうろする理由はずばり巣作りの下見をしています。

蜂の大半は越冬しない生き物になります。

蜂は毎年3月下旬~6月にかけて巣を作れる場所を求めてうろうろ飛び回ります。

暖かくなりお出かけに適した季節ですが一番気を付けたい時期でもありますね。

 

蜂が網戸近くによってくるのはなぜ?

網戸についている蜂

蜂は強いにおいに反応すると言われています。

洗濯に欠かせない柔軟剤や香水、食べ物の匂いを嗅ぎつけて家の周りをうろうろ飛び回るのです。

天気が良いと洗濯物をベランダに干したり芳香剤の香りなどあまい香りに惹かれて飛んでくるんですね。

洗濯物を取り込む際は、蜂が付いている可能性もあるので、よくはらってから家の中に入れてくださいね。

 

蜂は網戸を破ることはあるのか?

窓を開ける季節にもなり、蜂が窓越しでぶんぶん飛び回っていたらとても恐ろしいですよね。

ほとんどのお宅の窓には網戸が付いていると思うのですが蜂が網戸を破ってきたらどうしようと思ったことはありませんか?

家の中に入ってきたらとても怖いですよね。

でも安心してくださいね.

蜂が網戸を破る威力は無いとの事。スズメバチでも破る威力は無いと言われています。

しかし蜂がお家周りをうろうろしていたら巣が近くにある可能性もあるので十分気を付けてくださいね。

 

蜂が巣を作りやすい家の特徴

閉ざされた家廃墟

まず一つは、雨風や直射日光の影響を受けにくい場所。

巣作りにうってつけの場所といえますね。

軒下などに巣が出来上がっている場合もあるので油断できません。

二つ目は閉鎖された廃墟などですね。

やはり手入れがされていない家は恰好の場所といえるでしょう。

雑草、樹木などの手入れも必要となり空の植木鉢等も片づけお庭を綺麗にしておいたほうがよさそうですね。

最後は蜂が餌を確保しやすい場所です。一概にもいえませんがやはりご近所同士で綺麗にしているのが一番かなと思われます。

 

蜂を家に寄せ付けない方法

殺虫剤

蜂を家に寄せ付けない対策方法としていくつかあるので注意点や使用方法をご紹介しますね。

ご自宅にあった方法で使ってみてくださいね。

 

殺虫剤

皆さんはじめに思い浮かぶのは殺虫剤ではないでしょうか?

殺虫剤にも色々種類がありますが、他の物は効果が薄いため使用する場合は必ず【蜂用】を使用してください。

蜂用には蜂が嫌うピレスロイド系の成分が含まれているので成分表をみて指示に従って使用してください。

また、効果はあまり持続しないため雨にも弱いので1週間に1度のペースでまくのが良いかもしれません。

 

燻煙剤

こちらも皆さんお馴染みの物だと思います。

お風呂用とかゴキブリ用とか色々な種類があるかと思いますが、こちらも必ず【蜂用】をご使用くださいね。

殺虫剤同様ピレスロイド系の成分が含まれているので、蜂に効果的と言えます。蜂が巣作りの下見をする時期をみて使用すると効果が高いかもしれませんね。

 

木酢液

こちらは【もくさくす】というものになります。

あまり聞きなれない言葉ですがこちらも蜂の寄せ付けない対策として効果の高いものになります。

木を燃やして灰にしする時に発生する煙の成分でできる水溶液のことです。焦げた匂いがするため蜂が嫌な臭いとなります。

よって蜂を寄せ付けない効果があると言えます。

 

ハッカ油

ハッカ油にはメントールという成分が含まれており蜂はそのメントール成分が苦手とされております。

こちらも蜂避に効果が期待できます。

ハッカ油の原液はとても刺激が強いため手で直接触れることがないよう気を付けなければなりません。

 

まとめ

蜂が玄関、ベランダをうろうろする理由、寄せ付けない方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

暑くなってきたのでそろそろ蜂の活動が活発になる時期が訪れます。

家のお庭で安心して過ごす方法として家回りを綺麗にしておくことが一番ではないかと思いますが、対策として蜂に効果がある薬剤を使うのも一つの案なのかなと思われます。

殺虫剤、燻煙剤はお子様、ペットがいるご家庭は使用方法に十分に気付けご使用くださいね。

ハッカ油もペットが嫌う成分が含まれているので合わせて注意してください。

それぞれの薬剤の特徴をしっかり確認し安全に使い家の周りに蜂がうろうろしない環境を作りたいですね。

しかし万が一蜂の巣を見つけてしまった場合は素人が駆除するのはとても危険なので自治体か専門業者に必ずお願いしましょう。

 

-生活